2月24日現在

 

スリランカ政府発表、2月24日現在の被災状況

 

避難所:21カ所

 

避難民:1,601人

2月19日現在

 

スリランカ政府発表、2月19日現在の被災状況

 

避難所:29カ所

 

避難民:3,032人

2月15日現在

 

スリランカ政府発表、2月15日現在の被災状況

 

避難所:68カ所

 

避難民:6,530人

 

2月4日からの豪雨で、2月10日現在のスリランカ政府公式発表では、

 

被災者:122万人

 

死亡:17人

 

家屋全壊:3600カ所

 

避難民:10万人

 

避難所:461カ所

 

となっています。

1月14日義援金募集開始

 

 

被災者100万人以上、

スリランカで記録的洪水が発生!

被災者の救援にご支援をお願いします。

 

 

2004年のスマトラ沖地震による津波で大きな被害を受けたスリランカで、1月初めからの記録的豪雨によって、東北部を中心に洪水が発生。津波の被害を上回る大きな被害が出ています。

 

スリランカ災害センターが114に発表した洪水被災状況によると、

 

主な被災地域は、バティカロア、トリンコマリー、ポロンナルワ、ヌワラエリヤ、アンパーラ、バドゥラ、アヌラーダプラ、バブニア、キャンディ、マナーなどの北部、東部、中央部。

・被災者-105万人

・被災世帯-28万世帯

・避難所滞在-36万人

・家屋全壊-2,900カ所

 

現在分かっているだけで、43人が死亡、4人が行方不明になっています。水が引き始めた今、腸チフスなどの感染症お発生も懸念されているほか、水田の20%が被害を受けたために、今後の穀物価格の高騰も心配されています。

打撃を受けた地域の中でも、北部と東部は、長年続いた反政府武装勢力「タミル・イーラム解放のトラ(LTTE)」と政府軍との戦闘が2009年に終結し、生活を再建している途上だった地域であり、2004年のスマトラ沖地震による大津波でも大きな被害を受けています。

 

国連は1月19日に被災したスリランカに対する緊急援助のため、各国に計5100万ドル(約42億円)の拠出を呼び掛けました。ユニセフ等の国連機関や各国NGOも活動を始め、日本政府もJICAを通して2000万円の緊急支援を実施しました。

 

私達サルボダヤJAPANは、スリランカで50年以上の農村開発の実績と全国規模の活動拠点を持つ世界有数のNGOであるサルボダヤ運動を支援しています。

  

 

日々の食糧の配給と、医療クリニックの設置などを行っていますが、食糧配給資金が圧倒的に不足しており、皆さまからの寄付を是非お願いしたいと思います。

 

 

   

 

■被災者1家族5人の2日間分の食糧救援セット1,000ルピーをサルボダヤは被災者に配給しています。 

【 米-5キロ・ミルク-1パック ・茶-100グラム ・砂糖-1キロ・ジャガイモ-1キロ ・豆-1キロ ・ココナッツ-2ケ ・その他-スパイスなど】

 

 

寄付口座

 

三井住友銀行 大塚支店 【普通預金】 2002853

 一般社団法人サルボダヤJAPAN

 

 

 ゆうちょ銀行 088店 【普通預金】 3022187

 一般社団法人サルボダヤJAPAN

 

 

郵便振替口座  

00170-2-330384 

一般社団法人サルボダヤJAPAN 

 

 

 

 

 

  一般社団法人サルボダヤJAPAN  共同代表  

山下邦明

                             本間正人

                             中本啓子

 

      Sarvodaya Japan